PAGE TOP

2015.March.15.Sunday

和名:奇峰錦

3月半ば。寒い日が続きますが…あったかくなる春はもうすぐそこで、OSLOには新しい植物がたくさん入ってきております。

その中の1つだけ今日は紹介します。

 

 

ワリチー

“チレコドン・ワリチー”

ナミビアから南アフリカにかけての乾燥地帯が原産。
独特のフォルムがかわいい塊根植物。

水やりは、控えめに乾かし気味。

成長期である秋から春にかけては、日当たり&風通しの良い場所で育てる。

秋の涼しくなってきた頃に少しずつ水やりを始め、春から初夏にかけて葉が落ち始める頃に少しずつ水を控えていき、夏は完全に断水する。

寒さに強いので、冬は屋外でも管理可能ですが(豪雪地帯を除く)、冷たい雨風が常に当たるのは良くないです。

夏の蒸し暑さに弱いので休眠中もなるべく蒸らさず風通しを良くすることが重要。

葉の枯れ落ちた跡が突起となって残っていくので成長していく様を楽しんでいただけると思いますよ。

 

これから気候も良くなってきますので、是非いろんな植物たちをご覧にいらして下さいねー

 

Open
10:00-19:00

Close
on tuesday & 3rd mon

3-2-4 oyodominami kita-ku osaka
JAPAN zip 531-0075
T.06-6343-8053 F.06-6343-8054
info@oslo-plants.jp
Googlemap»